「路面電車と岐阜の街」「岐阜の交通を考える」今やれることは何か


 岐阜の交通を考える 今やれることは何か



 新会社 設立


 3月26日(土)、柳ヶ瀬で「岐阜ライトレール(仮称)」設立発起人会準備会が開催されました。
 廃止となる名鉄の3路線を買い取り4月末に会社を設立、9月からの運行を目指します。

 現在は、設立に必要な資金を調達している段階です。
 連絡先等はすでに3月27日付けの新聞各紙でも報道されていますが、当ページとしての掲載はもう
 少しページの体裁が整った時点で行いたいと思っています。

 ただ、この新会社設立が成功するためには名鉄が「廃止届」を「休止届」に切り替えてくれることが
 絶対に必要となります。
 どうか私達と同じ熱い思いをお持ちの皆様!
 直近の最重要課題として、関係機関への働きかけをよろしくお願いします。



 路面電車再生トラスト


 今「路面電車再生トラスト」という運動が行われています。
 名鉄の岐阜線区からの撤退は避けられない現実となりましたが、
 みんなの力で新たに事業として立ち上げようという運動です。

 具体的には寄付金の予約を募集し、予定の数に達した段階で
 実際に金銭を集約して行動に移します。
 当セクションではこの運動に賛同し、広くみなさんに参加を呼び
 かけることを決定しました。

 路面電車再生トラストのHP
 http://chal.dyndns.org/~mirai-design/trust/

(注)
 この運動は4月に設立される新会社とは別の枠組みで行われています。
 しかし追求する目標は同じだと私は思います。
 先日の準備会でも新会社設立とトラスト運動は並行して行われていく
 ことが話し合われました。

 具体的には、新会社が設立され運行が開始されたとき、トラストは寄
 付金を活用して様々な支援を行うというものです。



 「柳ヶ瀬の路面電車トーク」 終了しました


 来る3月23日(水)に柳ヶ瀬で路面電車に関連したトーク集会が開催されます。
 街ににぎわいを呼び戻すための、本気の話し合いです。
 当日は交通・街づくりの専門的な発表も行われる予定です。
 以下はその内容です。

 「ポスト“チンチン電車”時代の、街の魅力づくり」
 〜人枯れする柳ヶ瀬への一手

 日時 3月23日(水)
    よる7時から9時
 場所 日ノ出町・ロイヤルホール
 内容 
  1)基調講演
    クルマ社会化に於ける都心の衰退と、公共交通の役割
  2)調査分析報告
    ポスト“チンチン電車”時代の、街への玄関構想
    〜来街者倍増を目指すために
  3)遠慮抜きトーク
    人枯れする柳ヶ瀬への一手を、何から考えるか
    路面電車を生かしたまちづくりを望む住民 対 来街者増を望む商店主
 主催 日ノ出町商店街振興組合
 協力 岐阜未来研究団







岐阜の交通を考える 今やれることは何か   Vol. 2 - 1      2005年 3月27日
初版 2005年 3月19日
URL  http://www.minoden.com/index3/index3ima/index3ima.html