「路面電車と岐阜の街」「岐阜の街」惜別 新関〜美濃間新関〜美濃間 廃線の旅 10


 新関〜美濃間 廃線の旅 10  廃線跡 その後



旧美濃駅
       旧美濃駅      2001年 8月 撮影



   前回の旅から1年が過ぎた2001年8月、久々に「新関〜美濃間 廃線の旅」に出た。
   その間に街の文化遺産「旧美濃駅」は改装され、2000年10月29日にオープンした。
   ホームには601号と512号が屋外展示され、毎月第4日曜日(12,1,2,3月は休み)には
   「美濃駅前ふれあい朝市」が開催されている。

    関連ページ 路面電車マガジン 第16号 旧美濃駅オープン のページへ

    (注)「路面電車マガジン」第16号の3ページからこのページへ戻るには、ブラウザ
       (ホームページ閲覧ソフト)の「戻る」ボタン等を使用して下さい。

   今回も、新関駅を出発して旧美濃駅へと向かった。
   夏休みという事もあるのか人通りは少なく、走り抜ける車ばかりが目立った。
   線路跡には雑草が生い茂っていた。




文化会館付近
   文化会館付近の鉄橋跡。

下有知〜神光寺間
   下有知〜神光寺間の鉄橋跡。

神光寺駅跡
   神光寺駅跡。

神光寺〜松森間
   神光寺〜松森間の小鉄橋

神光寺〜松森間
   神光寺〜松森間の大鉄橋

旧美濃駅
   旧美濃駅の601号と512号

旧美濃駅
   旧美濃駅の改札口





   街から鉄道が消えて、早や2年半。
   旧美濃駅と展示車両は、美濃の方々に大切にされている。

   しかし、一度無くした賑わいを取り戻す事は容易ではない。
   鉄道の果たす役割と責任は大きくて重い。
   私はこれからも鉄道が無くなった街の姿を追い続け、鉄道と
   街との関係について考え続ける。



    画像はすべて2001年 8月 撮影







新関〜美濃間 廃線の旅 10   Vol. 2 - 1      2005年 2月22日
初版 2001年 9月 6日
URL  http://www.minoden.com/sekibetsu-m/sm0108/sm0108.html