「路面電車と岐阜の街」「路面電車」惜別 新関〜美濃間新関〜美濃間 廃線の旅 1


 新関〜美濃間 廃線の旅 1  3月31日〜4月1日  



神光寺駅
 神光寺駅       1999年 3月 撮影



   3月28日の日曜日には別れを惜しむ人々が絶えまなく訪れ、昼間帯では列車が増発されました。
   車内は往時を懐かしむ年配の方から、初めて乗った子供たちまで大勢のお客さんで混雑しました。
   まるでかつてのにぎわいが戻ってきたかのような、幸せな一日でした。

   しかし、1999年 3月31日  その日がやって来ました。
   そして、美濃町線 新関〜美濃間は88年の歴史に幕を閉じ、廃線となりました。

   今回は1999年3月31日〜4月1日に撮影し現場からUPしていた画像の原盤が見つかりまし
   たので、画像を作り直しページを再編集しました。



早朝の美濃駅 AM 5:30

始発前から大勢のファンが。
美濃駅の列車 AM 5:35

しとしとと降る雨は涙雨か。
神光寺駅 AM 9:00

撮影ポイントの神光寺駅。
神光寺駅 PM 6:20

夕方になっても電車は別れを惜しむ人でいっぱい。
美濃発の最終電車 PM 9:45

美濃発の最終電車は「螢の光」のなか大勢の人に見送られた。
出札口 PM11:55

最後の業務が終わりカーテンが閉じられた出札口。


    美濃着の最終電車は折り返し回送となり、この線路を走る最後の列車となる。
    駅員さんが整列して見送るなかでついに列車は出発した。
    この瞬間88年もの間、人々を運び続けた鉄路の歴史に幕が降りた。

    追記
    この後、閉じられたカーテンの隙間から、涙する駅員さんの姿が見えた。
    雨の日も風の日も雪の日も、ひたすら電車を走らせ続けた鉄道員の方々。
    たくさんの別れを惜しむ人たちがいるのに廃線となってしまうこの現実。
    この国の未来に言いようのない不安を感じた。

切替工事 4月1日

AM 0:30

最終列車の通過後、直ちに線路の切替工事が始まった。
新関〜関間 AM 9:00

切替工事は終了していた。
新関〜関間 AM 9:15

分断された線路。もう二度とこの先へ列車が行くことはないのか。
閉め切られた踏切 AM 9:45

全ての踏切はすでに閉め切られていた。
テープカット AM11:40

テープカットの後、祝賀列車が出発。



    画像はすべて1999年 3月〜4月 撮影
    (一部画像で原盤が見つからず、従来画像を拡大しています。)






新関〜美濃間 廃線の旅 1   Vol.7.0      2009年03月29日
前回 2005年02月18日
初版 1999年03月26日
URL  http://www.minoden.com/sekibetsu-m/sm9903/sm9903.html