「路面電車と岐阜の街」 目次 我がふるさと岐阜みそぎ祭(岐阜はだかまつり)


 我がふるさと岐阜 みそぎ祭(岐阜はだかまつり)




神男

     神男            2000年12月 撮影




  みそぎ祭 (岐阜はだかまつり)

  岐阜市池ノ上の「葛懸神社」では、毎年12月の第2土曜日に「岐阜みそぎ祭」が行われます。
  禊は禊始祭のあと午後3、7、10時の3回行われ、午後4時には餅まきも行われます。

  葛懸神社では古くから「みそぎまつり」が行われてきましたがその起源は不祥で、応永年間(1394年)
  の大飢饉の年から重要な祭儀となりました。
  当時の川の流れは現在とはかなり違っていて、天文3年(1534年)の大洪水以前までは社前の大池で
  みそぎを行っていました。

  「みそぎ」の意義は、女体を絶ち食物を一部禁止し霊川の清水で身体を清め、自分達一族の罪・けがれを
  払うと同時に自分達の幸福と五穀豊穣を神に祈願することです。
  厄除けの神として崇拝する人が多いのはそのためです。



   サイト内 関連ページ
    葛懸神社 のページ



2000年12月9日夜の「みそぎ祭」


  境内
 神社を出発
堤防道路
 長良川へと向かう

  堤防の階段
 堤防を降りる裸男たち
子供のみそぎ
 子供のみそぎは浅い所で

  神男
 神男は祈りのため深いところへ
大人のみそぎ
 大人のみそぎ

  境内へ入る神男
 神社へと帰ってきた
担がれて社殿に入る神男
 神男は担がれて社殿へ



  (参考文献)葛懸神社の神社略記を参考にさせていただきました。








我がふるさと岐阜 みそぎ祭(岐阜はだかまつり)   Vol. 2 - 1      2004年 1月23日
初版 2001年12月14日
URL  http://www.minoden.com/waga1/misogi/misogi.html