「路面電車と岐阜の街」 目次 我がふるさと岐阜手力雄神社の火祭り


 我がふるさと岐阜 手力雄神社の火祭り




花火御輿

     花火御輿の乱舞        2000年 4月 撮影




  手力雄神社の火祭り (岐阜県指定重要無形民俗文化財)

  手力雄(てじからお)神社では、毎年4月の第2土曜日に「火の祭典」として有名な「手力雄
  神社の火祭り」が行われます。
  昭和52年には岐阜県の重要無形民俗文化財に指定されました。

  火祭りの起源は明らかではありませんが、明和年間(1764〜1772年)に一時中断して、
  文化2年(1805年)に復活したといわれています。
  この時代 1755年には千本松原で知られる薩摩藩による「宝暦の治水」が完成しています。

  祭りの日は境内に巨大な行灯が立ち並び、西側には人形を配した舞台が設置されます。
  午後になると神社の周りにある蔵前、野一色、切通、東中島、高田、細畑、芋島、手力の各町内
  から御輿が集まり、夕闇が迫る頃いよいよ火の祭典が始まります。

  御神燈の点火 滝花火 そして花火御輿の乱舞で祭りは最高潮に達し、手花火が点火される頃に
  クライマックスを迎えます。
  この日は岐阜市内はもとより県内、全国や海外からも大勢の人が訪れ、境内は身動きも出来ない
  程混雑します。



   サイト内 関連ページ
    手力雄神社 のページ



2000年4月8日の火祭り


御神燈
     御神燈(巨大な行灯)へ点火。立火棚から御神燈へ火が走る。


御神燈2
         御神燈から降る火


舞台
     歌舞伎や昔話を題材とした大掛かりな舞台(立火棚)


手花火
     立火棚から流れ落ちる手花火。
     全員が一列に並び、手に持った花火に点火する。


整列
     祭りが安全に終わり整列する各町内の方々
     人と比べると御神燈や立火棚の大きさがわかる。


夜店
     どこまでも続く夜店の列 とにかく人でいっぱいだった



   2000年4月8日(夜)のスケジュール

   18:50 飾り御輿(花火御輿)の宮入り終了
   19:25 御神燈へ点火 (町内毎に順次奉納)
   20:30 滝花火へ点火、花火御輿の乱舞 (町内毎に順次奉納)
   20:30 仕掛け花火へ点火
   20:35 手花火へ点火(立火棚から一斉に奉納)
   20:55 仕掛け花火、山焼花火へ点火
   21:00 火祭り行事である花火の奉納が終了



   (参考文献)「手力雄神社火祭り」説明版を参考にさせていただきました。
   (参考文献)神社正面の立て札を参考にさせていただきました。








我がふるさと岐阜 手力雄神社の火祭り   Vol. 4 - 1      2004年 1月23日
初版 2000年 4月15日
URL  http://www.minoden.com/waga1/tejikara/tejikara.html