「路面電車と岐阜の街」 目次 我がふるさと岐阜小紅の渡し


 我がふるさと岐阜 小紅の渡し




櫓漕ぎの渡し船

     櫓漕ぎの渡し船       2001年 3月 撮影




  小紅(おべに)の渡し

  岐阜市中心部の北西、鏡島大橋〜河渡橋間の長良川に「小紅の渡し」があります。
  今ではほとんど見られなくなった「櫓漕ぎ」の渡し船による渡しは、大変人気があります。
  ギィーギィーと音をたてて進む渡船に揺られると、江戸時代にタイムスリップしたようです。

  小紅の渡しがいつからあるかは定かでなく、史実に登場するのは元禄5年(1692年)です。
  かつて岐阜市内には幾つもの「渡し」がありましたが、現在は小紅の渡しだけが残っています。
  ここから下流にあった河渡(ごうど)の渡しが中山道の表街道として、また小紅の渡しは裏街
  道として栄えていました。

  小紅の名前の由来については色々な説がありますが、私が昔から聞いていたのは「渡し舟に乗
  って嫁入りする花嫁が、川面に顔を映して紅を直したから」という話しです。
  このあたりの長良川は忠節などに比べて川幅が広く水深も有り、水面が穏やかであることから
  私は個人的にこの説が正しいのではないかと思っています。

  小紅の渡しは県道「文殊茶屋新田線」の一部となっていて無料で渡してもらえます。
  また、毎月21日の弘法さんの命日には、鏡島弘法への参詣客で賑わいます。
  しかし、櫓を漕げる船頭さんが少なくなり、近年廃止の危機が迫っています。



  (参考文献)小紅の渡し事務所の説明板を参考にさせていただきました。






左岸の乗り場
     左岸の乗り場       1999年12月 撮影

  昼下がりの左岸乗り場
  左上の林は鏡島弘法(乙津寺)、水面には渡り鳥




  運航時間
     4月 1日〜 9月30日  8:00〜17:00
    10月 1日〜 3月31日  8:00〜16:30

  休航日
    毎週月曜日、12月29日、30日、31日
    (月曜日が休日もしくは21日と重なる場合はその翌日)
    悪天候、川が増水している時 等



 ・お断り 運航時間・休航日については、必ず最新の公式情報にて御確認のうえ御利用下さい。







我がふるさと岐阜 小紅の渡し   Vol. 3 - 1      2004年 1月23日
初版 2003年 9月19日
URL  http://www.minoden.com/waga1/obeni/obeni.html